現在の人気ランキング - 名所旧跡

人気ランキングをベスト100位まで紹介しています。
人気総合ベスト3のサイトはTOPページ、ベスト10のサイトは地図のページ左サイドで紹介中です。
はおすすめサイトです。

最終更新:2019/06/26(Wed) 13:26

  1 - 5 ( 5 件中 ) 

第1位 -> 2pt

なりひらてら 十輪寺


更新日:2013/12/19(Thu) 21:00
修正・削除


平安時代の歌人、在原業平ゆかりのお寺です。

山内の四季折々の花や行事について紹介していきます。

詳細

平安時代の歌人、在原業平ゆかりのお寺です。

山内の四季折々の花や行事について紹介していきます。

第1位 -> 2pt

京都を流れる古都の風


更新日:2012/06/04(Mon) 00:37
修正・削除



私たちはこの町のどこに惹かれるのでしょうか。それは、日本の中でも京都が最も、日本の伝統美が今なお生き続けているからです。

詳細

私たちはこの町のどこに惹かれるのでしょうか。それは、日本の中でも京都が最も、日本の伝統美が今なお生き続けているからです。

第1位 -> 2pt

落柿舎―向井去来遺跡


更新日:2011/09/14(Wed) 22:53
修正・削除


落柿舎(らくししゃ)は、嵯峨野(京都府京都市右京区)にある松尾芭蕉の弟子、向井去来の別荘として使用されていた草庵。去来がこの草庵について書いた「落柿舎ノ記」がある。古い家の周囲には40本の柿の木があったという。
庭の柿を売る契約をしたのちに、柿がすべて台風で落ちてしまったためこう呼ばれている。 1691年(元禄4年)4月から5月までここに松尾芭蕉が滞在して嵯峨日記を著した。野沢凡兆(ぼんちょう)、凡兆の妻の羽紅(うこう)、去来が訪ねてきて一つの蚊帳で5人が一緒に寝たりしている。 現在の庵は俳人井上重厚による再建である。場所も建物も芭蕉の時代のそれとは異なっている。
平成20年12月1日から平成21年9月末まで庵の大規模な修復工事が行なわれた。
(wikipadia引用)

詳細

落柿舎(らくししゃ)は、嵯峨野(京都府京都市右京区)にある松尾芭蕉の弟子、向井去来の別荘として使用されていた草庵。去来がこの草庵について書いた「落柿舎ノ記」がある。古い家の周囲には40本の柿の木があったという。
庭の柿を売る契約をしたのちに、柿がすべて台風で落ちてしまったためこう呼ばれている。 1691年(元禄4年)4月から5月までここに松尾芭蕉が滞在して嵯峨日記を著した。野沢凡兆(ぼんちょう)、凡兆の妻の羽紅(うこう)、去来が訪ねてきて一つの蚊帳で5人が一緒に寝たりしている。 現在の庵は俳人井上重厚による再建である。場所も建物も芭蕉の時代のそれとは異なっている。
平成20年12月1日から平成21年9月末まで庵の大規模な修復工事が行なわれた。
(wikipadia引用)

第1位 -> 2pt

京都嵐山保勝会


更新日:2012/02/15(Wed) 01:17
修正・削除


京都嵐山保勝会のホームページです。

詳細

京都嵐山保勝会のホームページです。

第1位 -> 2pt

京都 先斗町のれん会


更新日:2012/02/15(Wed) 01:16
修正・削除


京都の先斗町のれん会です。たくさんの飲食店やお土産屋があります。たくさんの方のお越しをお待ちしております。

詳細

京都の先斗町のれん会です。たくさんの飲食店やお土産屋があります。たくさんの方のお越しをお待ちしております。

  1 - 5 ( 5 件中 )